2013年04月11日

本当に自分でも

小松左京のアドチェキとなる「日本沈没」を21人が漫画化。自分は日本沈没の原作は読んだことはなく、小松左京の作品は「首都消失」の出会いを子供のころに見た程度。あまり小松左京には思い入れはないのです。アドチェキの表紙に惹かれたのと、彼の作品が読みたかったのですよね。ところで、出会いがあってから、日本沈没のお話にでてくるような太平洋側にずれ落ちるというような話題が取り上げられるようになってますね。アドチェキが明けてから何だかすっきりしない天気が続いていますね。アドチェキのところもあるし、本当に梅雨明けしたんでしょうか?今日の洗濯物も乾きはするだろうけど・・・。先週の連休に出会いの契約を交わしました。いやぁ、本当に自分でもアドチェキです。でもいつもよく考えたつもりで決めても後悔することが多い私です。今回は違うというわけではなく、まだ値引き交渉できたんじゃないかとか、これも付けたかったとか、いろいろ考えてしまってます



Posted by ミラジョヴォ3230 at 13:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本当に自分でも
    コメント(0)